読書月間2020

2020年10月は私だけ読書月間。

あらすじ

積読をすこしでも減らしたい。その想いを胸に2020年10月を読書強化月間とした私であったが、つい数日前に図書館から本を借りたばかりで・・・。

実態

10月01日 +1冊
読書月間の記念すべき1日目。『フィンテック やさしく知りたい先端科学シリーズ4』を読む。図書館から借りた本。ファイナンスとテクノロジーで「フィンテック」なんだって。変な言葉を作るなよ。

10月04日 +2冊
一日坊主になるところだった。まず電子書籍で『点と線』を読んだ。会話文の多いライトな文章で読みやすかった。読了に1時間半もかからなかった。それにしても電子書籍で読んだものを「冊」と数えるのに抵抗がある。それから図書館から借りた『掃除婦のための手引き書』を読んだ。失敗した。短編集だ。短編集というだけで心が死んでしまう。読み終える2時間20分のあいだにTogglのタイマーを11回も止めた。短編集では集中力を維持できない。維持したところで強制的に断たれるし。次は長編を読みたいところだが平日では大して頑張っていない仕事の疲れから読む気が起きない。軽く読めるものから軽く読もう。

10月05日 +1冊
『時短術大全』を読んだ。図書館から借りた本。この手の本にしてはめずらしく読了に1時間もかかった。メモ帳の1行目に「.LOG」と書いて保存するとファイルを開くたびにタイムスタンプが入力されるんだって。あっそ。

10月09日 +1冊
また日が空いてしまった。火曜日におそろしい罪を犯してしまい金曜日まで放心状態だったのだ。というわけで『新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』を読了した。話題などから最近に書かれたものだと思っていたら本の最後に2015年に刊行されたものですと書いてあって絶望した。この5年間で何も変わっていない。「アマゾンだアップルだグーグルだなんだと」世界も変わっていない。

10月11日 +1冊
読書月間と言いながらまったく読めていない。『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を読了した。AmazonのプライムデースタンプラリーでPrime Readingの本を読むことが条件のひとつだったからすぐ読めそうなものを読んだ。金利が低すぎることについて「今は金利はもらえないけど、物価もあがってないから」セブンの弁当の底はあがっているぞ。

10月16日 +1冊
前回から5日も空いとる!!! 図書館から借りた本の返却日を過ぎてしまって心が苦しくなってきた。というわけで読んだ。というわけにはいかなかった。KindleUnlimitedで『ひとつずつ、ひとつずつ』を読んだ。なんで図書の本でもなければ積んでいる本でもないものを読んだのか。プライムセールでKindlePaperWhiteを購入してお風呂で読んだからだ。お風呂には毎日入る。つまり毎日読める。アメリカ人の書くエッセイだか自己啓発だか体験談のようなものに抱いている<とにかく冗長で自分語りが長くやたらと話が脱線するイメージ>が強化された。1時間もかからずに読了するクソみたいな日本のビジネス書とは手段の異なる薄っぺらさである。たくさん書くとたくさんお金がもらえるのかな。

10月18日 +2冊
図書館で借りた本を2冊読んだ。まず『キングジム 人も組織もうまくまわりだす 超整理術213』を読了。タイトルと目次詐欺。213種類の整理術が載っているわけではない。目次は確かに213まで振られているがまとめて書けばよいことを細分化して量があるように見せかけているだけ。薄っぺらさにはこういうバリエーションもある。そして『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?(上)』を読む。数年前のこと。『薬草まじない』に出てきた「第一の<心>」と「第二の<心>」に「似たような話を違う本で読んだ!」と思ったが、訳者あとがきを読んでもネットの感想を眺めてもだれもなにも書いていなくて苦しんだことがあった。前に手がかりを見つけていつか読もうと思った本がこれ。そうそう。「システム1」と「システム2」。読んだことがなかった。

10月21日 +2冊
前回から3日も空いている。図書館から借りた『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?(下)』を読了する。これで返却期限の過ぎているものはすべて読み終わった。よかった。よくない。そして同時並行で『予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』も読んでいた。あまりに同時に読んでいたのでどちらに書いてあったことかわからなくなって混乱した。下巻の印象がよくなかったので『予想どおりに不合理』のほうが好み。ピーク・エンド!

10月23日 +1冊
『ある男』を読了した。ずっと前に購入した電子書籍。この著者名に見覚えがあり「有名な作家なのだろう」と思って買ったはずだ。私は有名な本か有名な人が書いた本しか読みたくない。ところで著者名に見覚えがある理由として本当に有名である他に「よく著作がセールされている」がある。確認するとこの人の違う本もセールで買って積んでいた。しかしその違う本は一応有名らしい。映画になっている。映画でもよく思うことだが『風とともに去りぬ』は映画が有名で小説も有名になったのだろうか。それとも偉大な小説が多くの人にしっかりと読まれて評価された結果、有名な映画が作られたのだろうか。そもそも映画を観ていないからわからない。普及版などで安くて手に入れやすい名作はみなが語りやすいからさらに名作になると考えたこともある。私にはなにもわからない。セールで何度も見たから有名になったのか有名だから何度もセールされているのか判断がつかないように。

10月24日 +1冊
『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3』を読了した。新刊を追っている唯一のライトノベル。女どもが自由に動いている裏で宝泉がポイントを稼いでいると思うとじわじわくる。

10月25日 +1冊
『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』を読了した。昨日に引き続きライトノベル。ライトノベルは本当によう実しか新刊を追わなくなってしまった。どうせセールするから。エロゲも同じ理由で予約買いしなくなった。どうせセールするから。これもセールで買った。この作家の名前はよくセールで見る。