仮定法過去完了

女子大生がついさっきまで中学生だった幼馴染と思い出話をするオンライン小説です。

 タイムマシンの乗り方を知っているかいなんて言われて、そんなものはないよと答えたら、ないものは乗れないのかと聞かれて、そんなこと知らないよと返したが、ついさっきまでワタシは中学生だったのだと彼女は胸を... 小説家になろう

情報構造

男性が幼馴染とオンラインサロンを立ちあげて友達が死ぬオンライン小説です。

 よく考えると無意味な行動だった。私はいつもそうだ。クラスで最後に九九を覚えた人間にできることは限られている。よれよれの長袖の先端の糸くずを捨てて軟禁部屋を出る。  階段のわきから出るとさっそく南禅...続きを読む

解決済ゴースト

男子中学生がスパムメールで可能性の幽霊を解決するオンライン小説です。

 幽霊の足音を知っているかと聞かれたとき、目前の男がむだに電源を入れた多くのパソコンから聞こえてくるファンの音と、冷房と、時計の針、回転椅子に座ってくるくると回っている永川部長の口笛がたえまなく場を温...続きを読む

ひよこさらさら

読書で思いやり深くなった男子中学生が小説を書かないオンライン小説です。

 人はなぜだか美しいものを愛する。あるいは愛しているものを美しいと評する。純文学先生によれば美は真理や善に通じるらしく彼に寵愛されているヒィッキーによれば美しいものはあまりにも希少ですぐに消えてしまう...続きを読む

ナローノベル

まったく心を動かさないオンライン小説のオンライン小説です。

 検索エンジンにミニブログのアカウント名を叩き込む。表示された結果の一番上にあるリンクをクリックする。見慣れたミニブログの最新の投稿を確認する。もうしばらく更新されていない。そしてだれも見ていないだろ... 小説家になろう

だんだんこ

男子小学生がマンションの階段でお兄さんに殴られるオンライン小説です。

 ぼくはいつからおにいさんとなぐりあっていたんだろう。きっと最初はおそろしいことだと思っていたに違いなかった。心臓をばくばくと鳴らして走って帰って布団をかぶってがたがたと歯をならしていただろう。夕食の... 小説家になろう

かさねぐらし

他人の部屋が重なって見える女が男と出会うオンライン小説です。

 天井の室内灯と徒然草の一冊を並べて私はぼんやりと考えた。  ――鏡に色や形があれば、姿は映らなかったであろう。  古語を理解するための重要なポイントも含むその一文の先には、こうある。主人のいない... アットホームアワード