つるつるする毛皮

毛皮であたたまりたい少年少女の無料掌編小説です。

つるつるする毛皮

リンク

gumroad

冒頭

 だれにだってうさぎの背をなでる権利がある。たとえば外出するお姉ちゃんの首のまわりに、いつもうさぎがのっている。あたたかなうさぎ、灰と青のまざったうさぎ、目も鼻もしっぽもないうさぎが、姉を見送るぼくを見ている。まるでなでてほしそうに。ぼくとうさぎのきもちは叶えられるべきだ。しかし姉はぼくの手をかるやかによける。ぼくとうさぎはそうして引きさかれる。

情報

  • 2019年03月22日
  • 974文字

備考

完成日は2018年5月21日。

PDFで読めます。