かさねぐらし

他人の部屋が重なって見える女が男と出会うオンライン小説です。

リンク

アットホームアワード

冒頭

 天井の室内灯と徒然草の一冊を並べて私はぼんやりと考えた。
 ――鏡に色や形があれば、姿は映らなかったであろう。
 古語を理解するための重要なポイントも含むその一文の先には、こうある。主人のいない家には悪いものが入ってきやすいように、心に主人がいなければ心に何かが入ってきやすい。
 だから、そうなのだろうか。天井に伸ばしていた手を降ろして、ごろっと寝返りをうつ。

情報

  • 2016年7月29日
  • 9751文字

備考

アットホームアワード6月期の優秀作品にノミネートされました。