仮定法過去完了

女子大生がついさっきまで中学生だった幼馴染と思い出話をするオンライン小説です。

リンク

小説家になろう

冒頭

 タイムマシンの乗り方を知っているかいなんて言われて、そんなものはないよと答えたら、ないものは乗れないのかと聞かれて、そんなこと知らないよと返したが、ついさっきまでワタシは中学生だったのだと彼女は胸をはった。日当たりのよい席で、カップを持つ彼女の白い手に窓枠の陰がぼんやりと落ちていた。何の特徴もない音楽のなかで、シーリングファンがくるくると回っていて、土のような香り、眠気を誘うのに冴える湯気、カウンターで話している人たちの声、電卓を叩く音、外で走る車、何もかもが騒がしかった。

情報

  • 2019年01月29日
  • 7928文字

備考

百合小説です。